最近の出来事

気が付けば、8月から日記を書いていなかったですね。逆に言えば、少し忙しくしていたともいえるかな。では、つらつらと、振り返る。

 

 

【8月】

・大阪初、自主イベント「種まきバル」開催。お酒を飲みながら、「夢」をプレゼン。

脳梗塞から約2年。京都府リハビリテーション支援センターのコーディネーターとの初面談。

・20歳で社会人になり、一番初めにお世話になった、社長の墓参り。

豊中市コミュニティ政策課へ、NPOや地域協議会のヒアリング。

・難病患者家族の会へ、当事者として参加。

・第1回福知山市住民自治検討会議への出席。

【9月】

・薬、タケルダの服用を減らす。

北近畿地域連携センター視察。

・庭木選定の見積依頼。11月には庭木さっぱり。

・第1回「あしぎぬの里」かわまちづくり検討会議への出席。

・とよなか地域創生塾のグループ活動開始。

【10月】

・主催、ファシリテーター向け「SIFワークショップ」開催。参加費2万円オーバーは人生初。

・第2回「種まきバル」開催。前回は庄内でこの回は服部。阪急沿線で何かやるのって、地元が池田の人としてはやはり嬉しい。

・建具の修理して、ちー太(ねこ)部屋を充実。

・第2回、福知山市住民自治検討会議、「あしぎぬの里」かわまちづくり検討会議へ出席。

NPO法人日本ファシリテーション協会基礎講座受講。

 

その他、多数。

 

 

2015年9月と11月に緊急入院。それから何度も検査入院を繰り返し、結果、所属団体を辞めたのが2016年6月。そこから、病によって失われた脳の機能を、他の脳細胞を刺激して補完したい。そう真剣に考えて毎日毎日、何かを学ぶ日々。ノルマであり、カルマであり。

 

ここ最近は市から委員としてお招きを頂いたり、コーディネーターとしてお招き頂いたり、その期待に応えること。真剣に全力で、地域とかコミュニティとかまちづくりとか、この「ふわふわ」した言葉を「市民の日本語」にするために。

 

【補足】

最近のお知り合い向けにあらためて…

2015年9月、難病性脳梗塞同名半盲の障害があることがわかりました。その後、所属していた一般社団法人京都府北部地域・大学連携機構を退職。マルチワーク、個人事業「松井ヒロマサ」、任意団体「しえんのわ」は2017年4月で解散、廃業。とりあえず、ふうてんと名乗る訳もいかず、現在は地域社会活動家と自称していたりします。それから、11月16日から活動再開予定だったりもします。あとは福知山市大江町で、築150年の古民家暮らしです。そんな感じかな。はい。