STANDING IN THE FIRE

「プロフェッショナル・ファシリテーター どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀」翻訳に携われた佐々木 薫さん講師によるワークショップに昨日参加をしてきた。

 

主催者も参加者も講師もテーマともなる本の著者ラリー・ドレスラー氏すら知らないのに。

 

以下は気になるワードを羅列しておく。

 

・空中戦から地上戦へ

・アドベンチャーアクティビティ

・アートオブホスティング

・プロセスワーク

メタ認知

・ストーリーシェアリング

NLP

など

 

もうふたつ…僕はリーダーか?ファシリテーターか?と問われるとどうも違和感があるが、このワークで使われた「チェンジエージェント」と言うワードは気になったのでもう少し意味を調べてみたい。また、「不安は未来」に「後悔は過去」に感じる事…「いま、ここ」に集中する…はまさにこのワークに参加した僕自身の動機だ。

 

FIRE…僕の心の中にある「炎」と「闇」と「悪魔」とどう向き合うのか…

 

良い気づきの機会を頂き感謝…講師はもちろん、参加者と主催者のみなさま、どうもありがとうございました。

 

4月2日

一度大江町に戻り

また今日も大阪へ

松井裕督