会話と対話

みなさんはエドワード・ハレット・カーを知っているだろうか?

ちなみに、僕は全くもって知らなかった。

 

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/E・H・カー

 

詳しくはウィキペディアをご覧頂ければ良いのだが、彼が残した言葉がとても気になり、ここに記しておきたい。

 

「歴史とは現在と過去との絶え間ない対話である("An unending dialogue between the present and the past.")」

 

歴史をまちづくりに置き換えてみる。

 

「まちづくりとは現在と過去との絶え間ない対話である」

 

しっくりくる。

 

会話と対話は違う。

そして、目の前の居る人たちとだけ対話をするのではなく、いまは居ない、いま存在しない人たちを如何に想像し、意識しながら、いま存在する人たちと対話が出来るか否か。

 

現在と過去とそして、未来との対話。

 

すべての人に平等に与えられた時間。

有効に有益にそして、公平に…そう心掛けたい。

 

「歴史とは現在と過去との絶え間ない対話である("An unending dialogue between the present and the past.")」

 

とても素敵な言葉だ。

 

1月25日

福知山から

丹波竹田まで

考えたこと

松井裕督

f:id:hmmatsui1130464:20170125141420j:image