ニーズとウォンツ

「ニーズとウォンツの違いはなにか?」

 

2年ほど前にご一緒をした、マーケティングコンサルティング会社からのメールの一節。

 

一部抜粋すると「ニーズとは目的であり、目指すべき姿や状態である。そして、ウォンツとは手段であり、ソリューションやプロダクトである」らしい。

 

例えるならば「ウォンツが水を欲しいのならば、ニーズはのどが渇き、それを潤したい」となる。

 

しかし、さまざまなウォンツ、単純にニーズだと誤解してはいけない。

 

薬を飲む為、切手を貼る為、花壇の萎れた花の為、かもしれない。

 

問題と課題、目的と手段、夢と目標…

 

言葉だけど、言葉だから、違いを理解しなければならない。

 

そんな事を考えさせられるメールだった。

「市民協働によるまちづくり」について


はじめに、現在、自治基本条例やまちづくり基本条例は、「NPO法人公共政策研究所」発表によると369の自治体で施行されている。また、筑波書房「地域運営組織の課題と模索」では、地域運営組織や地域自治組織と呼ばれる本市で言う「地域づくり組織」は、609の市町村で3071団体あることを共有しておく。

 

さて、福知山市で三和、夜久野と協議会の設立準備がなされていた2014年、私は中間支援組織のあり方を調査する為に岡山市を訪れた。そこで初めて耳にしたのが、小規模多機能自治である。それを契機に、中間支援組織と共に小規模多機能自治の調査を始めると、ふたつの壁にぶつかった。

 

①市民セクターの育成②参画や協働の定義である。

 

実を言えば、福知山公立大学による「市民協働」に一縷の望みを持ち、この様な課題解決に期待を寄せていた。「市民協働」は私がこれまで見てきた中では、災害時などを除くと住民自ら自発的に生まれる事はまれである。やはり、どこからかの働きかけが必要では無いだろうか。その役割を担うのが例えば大学である。しかし、残念ながら現時点では、そこまでには至っていないと言わざるを得ない。

 

ここで全国の事例を紹介したい。

 

①すべての自治会で中学生以上の全住民アンケート調査②市民セクターによる協働事例集の作成③行政機関と市民セクターによる円卓会議の実施などが、少なく無い地域で行われている。では、現在の本市で想像して頂きたい。将来の「地域づくり」の為、アンケート調査が出来る組織はあるだろうか?様々な組織を集め協働事例集を作成した場合、何ページ作成出来るだろうか?本市で開催される円卓会議を、実施可能なファシリテーター(進行役)は何人いるだろうか?

 

さらに龍谷大学政策学部長只友景士氏の言葉も紹介したい。

 

「まちづくりとは話し合いである」

 

私たちはこれまで、どれくらい市民セクターの声を拾い、集めているだろうか?もう一度、あらためて、1/369の条例ではなく、3/3071の「地域づくり組織」ではなく、私たち福知山市民にとって必要な参画、協働、まちづくり、事例、Q&A、自治会、NPO法人などについて、様々なステークホルダーと、時間をかけて話し合わなければならない。そして、それを可能にするには市民セクターの育成が不可欠であり、そのキーとなるのが「地域づくり組織」ではなかったのだろうか。

 

「力」「力」「力」協働の協は3つの「力」と書くが、これは2つ以上の「力」がひとつの「力」へ向く事であると私は考えている。自らの「力」に引き込むのではなく、皆がそれぞれの「力」を出し合いひとつの方向へ進むこと、それが協働の意味であり意義だと言えよう。「市民協働のまちづくり」とは、実現不可能なファンタジーの世界の話なのか?それとも、確実に着実に一歩一歩歩むことが出来る、いばらの道なのか?こうも思う、話し合い、学び合い、磨き合い、その繰り返しの中で、やがていばらは消え、より良き未来がひろがるのではないだろうか?そのうちの一歩が、本委員会であることを心より願うものである。

 

平成30年5月31日

市民交流プラザふくちやまにて 福知山市自治基本条例推進委員会委員応募書類より

連休谷間

連休谷間

 


雨の日は不調だ。

午前中予定していた外での作業を取り止めて、朝からPCやらSNSやらに保存していた記事や資料を整理している。

 

 

Facebook→日常の出来事/情報収集

https://www.facebook.com/hiromasa1116


Instagram→日々の食事/偏食管理

Hiromasa Matsui (@h_matsui1113) • Instagram photos and videos


□tumbler→Facebookやnewsのarchive的に活用

https://www.tumblr.com/blog/hiromasamatsui

 

 

また、digitalやwebだけではなく、気になる記事や資料は印刷しておく。視野障害同名半盲)の影響か、背景が白い画面を長時間は辛い。

 

 

あと、メモを取る。文章を書くのが苦手で、ひたすらキーワードをメモる。やり方は16分割メモ、「すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術」という本で紹介されているので、必要な方はそちらを読んで欲しい。

 

 

それから、本も読む。正確には買う。3年ほど前から異常に本が欲しくなる。complexの塊なのかもしれないし、病気(難病もやもや病/中大能動脈閉塞症=脳梗塞)により失われた脳機能を補う為の自浄作用なのかもしれない。3年で約90冊かな。

 

 

世間は連休だ。

暦とは関係の無い暮らしも3年目。自営業だ、任意団体だと、体裁を整える必要も、もはや無い。いわゆる紐だ。そう、社会的紐である。

 

 

しかし、patronの為にだけでは無い。紐としての矜持がある。平成23年から行政関係の仕事をしていて思う。誰の為に、何の為に、この事業があるのか?本当にやるべき事なのか?そして、なぜ僕がここに居るのか?

 

 

「子どもたちに残すもの」

奈良のマルシェで撮影した看板。Facebookのプロフィールカバー写真にしている。子どもたちに残したい、残しておかないといけない、残しては絶対にいけない、ものがある。そんな事を考える…今日はただの水曜日。

四苦八苦

四苦八苦

 

 

 お釈迦さまが説いた苦。生き、老い、病に伏せ、死ぬ。生老病死(しょうろうびょうし)この言葉は2015年9月に僕が病に伏せ入院していた時、知人が教えてくれた言葉だ。

 


また、その根本的な四苦と、愛別離苦(あいべつりく)怨憎会苦(おんぞうえく)求不得苦(ぐふとくく)五蘊盛苦(ごうんじょうく)をあわせ八苦となる。

 


愛する者との別れ、嫌な奴との出会い、得る事のない歯痒さ、思うままにならぬ事ばかり。

 


ふと立ち止まり思う。人生、四苦八苦だ。

 


離婚をして、借金が出来て、会社も辞めて、福知山に移住して、天職に出会えたと思えたら、病に倒れた。

 


それでも、やっぱり、生きている。

 


SNS的に切り取られた幸福だけではなく、苦行を楽しみ、二進も三進も行かない事に挑み続ける。苦を苦とせず、苦楽と共に、これからも。

 

 

一燈照隅 万燈照国(いっとうしょうぐう ばんとうしょうこう)そう信じて。

 

 

久々の日記は、ある故人へのメッセージとして書き記しておきます。

最後まで読んでくださった方、どうもありがとう。

「プロフェッショナル・コーディネーター」①

似合いもしない流行りの服をすすめられても、


こちらの用途を無視した靴をすすめられても、


値段でも色でも形でもないこの気持ち。

 

今やファッションのように流行り廃りある「まちづくり」業界における望ましいコーディネーターについて、今日から少し考察してみたい。

 

商社、メーカー、通信業界と渡り歩いた僕。平成23年の震災を機に、行政との協働事業に数多く携わることとなった。

 

大手人材派遣会社、大学系社団法人、フリーランスとして、コーディネーターを見て聞いてそして、自分自身もやってみて思うこと。

 

本来のコーディネーターの意味から、あまりにもかけ離れた存在。それが様々なまちづくりに関わる、コーディネーターの現状ではないだろうか。

 

そもそも、「新製品開発など一つのまとまりをもったプロジェクトを全体として管理、統制する機構およびその人」がコーディネーターである筈。

 

多くのコーディネーターはこの「全体」をも知らされていない、すなわち手足の機能でしかなく「頭脳」を有しない、呼称としてのコーディネーターである。

 

なぜ、そのようなことになるのかは次回また…

最近の出来事

気が付けば、8月から日記を書いていなかったですね。逆に言えば、少し忙しくしていたともいえるかな。では、つらつらと、振り返る。

 

 

【8月】

・大阪初、自主イベント「種まきバル」開催。お酒を飲みながら、「夢」をプレゼン。

脳梗塞から約2年。京都府リハビリテーション支援センターのコーディネーターとの初面談。

・20歳で社会人になり、一番初めにお世話になった、社長の墓参り。

豊中市コミュニティ政策課へ、NPOや地域協議会のヒアリング。

・難病患者家族の会へ、当事者として参加。

・第1回福知山市住民自治検討会議への出席。

【9月】

・薬、タケルダの服用を減らす。

北近畿地域連携センター視察。

・庭木選定の見積依頼。11月には庭木さっぱり。

・第1回「あしぎぬの里」かわまちづくり検討会議への出席。

・とよなか地域創生塾のグループ活動開始。

【10月】

・主催、ファシリテーター向け「SIFワークショップ」開催。参加費2万円オーバーは人生初。

・第2回「種まきバル」開催。前回は庄内でこの回は服部。阪急沿線で何かやるのって、地元が池田の人としてはやはり嬉しい。

・建具の修理して、ちー太(ねこ)部屋を充実。

・第2回、福知山市住民自治検討会議、「あしぎぬの里」かわまちづくり検討会議へ出席。

NPO法人日本ファシリテーション協会基礎講座受講。

 

その他、多数。

 

 

2015年9月と11月に緊急入院。それから何度も検査入院を繰り返し、結果、所属団体を辞めたのが2016年6月。そこから、病によって失われた脳の機能を、他の脳細胞を刺激して補完したい。そう真剣に考えて毎日毎日、何かを学ぶ日々。ノルマであり、カルマであり。

 

ここ最近は市から委員としてお招きを頂いたり、コーディネーターとしてお招き頂いたり、その期待に応えること。真剣に全力で、地域とかコミュニティとかまちづくりとか、この「ふわふわ」した言葉を「市民の日本語」にするために。

 

【補足】

最近のお知り合い向けにあらためて…

2015年9月、難病性脳梗塞同名半盲の障害があることがわかりました。その後、所属していた一般社団法人京都府北部地域・大学連携機構を退職。マルチワーク、個人事業「松井ヒロマサ」、任意団体「しえんのわ」は2017年4月で解散、廃業。とりあえず、ふうてんと名乗る訳もいかず、現在は地域社会活動家と自称していたりします。それから、11月16日から活動再開予定だったりもします。あとは福知山市大江町で、築150年の古民家暮らしです。そんな感じかな。はい。